認知症のお薬って進行を遅らせることしかできないから

実は悲しい現実ですが、認知症を治療するお薬ってまだ開発されていません。
確かにそれらしい新薬のニュースも無くはないのですが、まだまだその効果は懐疑的です。

しかし、全体の約60%も占めているアルツハイマー型認知症などはその進行を遅らせるお薬はすでに開発されています。
それ以外にも様様な認知症のタイプはありますが、それらにも圧程度効果が確認されている臆するもたくさんあるのです。

そこで知っておいて欲しいのは
認知症のお薬を使うのが早ければ早いほどいい
ということなんです。
認知症は家族が一番早く察知できます。
認知症を疑う時とは
・身の回りのことができなくなってきた
・物忘れが激しくなってきた
ような場合です。
そんな初期の認知症の場合にはお薬で進行を遅らせることができれば、介護する子供のほうにも大きなメリットがあります、。

認知症の進行には大きな個人差があります。
それだけにお薬にもその効果は個人差が大きのです。
そしてどのお薬が効果があるとはいろいろと試してみなければなりあm線。
お薬の種類やその量
色々と手探りで進めなければなりません。

認知症の薬は飲み始めてすぐに劇的な効果は期待できなくても、
本人の混乱が少なくなる
表情が明るくなる
など小さな変化は見られるyことが少なくありません。
初期の認知症の段階からに認知症のお薬を飲み始めれば、飲まない場合に比べて後々大きな差となてくるのです。

認知症の進行が遅らせることができれば、介護するほうの負担も少なくできます。
またそれは認知症の親自身の幸せにもなります。

認知症の親の介護はとても大変です。
まして壊れていく親を見ているのは子供にとっては耐えがたい辛いことでもあります。

親自身も自分が認知症であることに薄々気づいてはいても、それを認めたくはない葛藤があります。
認知症のお薬を飲むためには医師の診察が必須です。
そのために認知症の疑いのある親を病院に連れて行くには大変なことでしょう。
その他利をの工夫はケアマネや介護ヘルパーの協力も得て、早めに決断してください。
認知症 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です