興味のある症例があれば指導薬剤師に積極的にアピールすべし

薬剤師をしていると
がんや糖尿病
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
などさまざまな症例wの患者さんにのもとへ服薬指導に行くこともあります。
同じような症例の患者さんが続くこともあれば、自分の興味のある症例にはなかなか出会えないこともあります。

自分の興味ある症例には出来るだけ多く接して自分の薬学的知見を深めていきたいものです。
そこで自分の興味ある症例に出会った時には、そのことを積極的にアピールしていきましょう。
そうすることで指導薬剤師はその症例について詳しく解説してくれるはずです。
本などので勉強するよりも、実際の症例を目の前にすることでより理解が深まるはずです。

症例は常に一期一会です。
チャンスを逃したらもう二度とその症例には出会えないかもしれないのです。

例えば糖尿病の場合、新人薬剤師などがアピールしなければ指導薬剤師はその患者さんい使用しているインスリンだけを説明して終わりです。
しかし自分gは糖尿病についてもっと理解を深めたいとアピールしていれば、
他のデバイスのインスリンの説明
この患者さんにこのインスリンを洗濯している理由
などより具体的なことを教えていただけることでしょう。
この一歩踏み込んだ解説こそあなたの今後の薬剤師人生の大きな財産になっていくのです。

また自分の興味ある症例が一般的ではないこともあるでしょう。
それならば服薬指導が始まる前からアピールしておくべきです。
「私は◎◎についてより深く学びたいです」
そんな積極的鵜なアピールがあれば優先的にその症例の服薬指導に行けるように可能な限り配慮してもらえるはずです。

「先生たちも忙しそうだし、こっちのわがままばかり伝えるのも気兼ねする士・・・」
そんな遠慮は扶養です。
実習や研修期間は長いようで短いm、小野です。
尻ごみせずに積極的にどんどん自分からアピールすべきです。
より充実した実習や研修にするてめにはあなた自身いかかっているのです。

興味のある症例があれば積極的に指導薬剤師にアピールしましょう。
薬剤師 パート 扶養内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です