敏感肌のクレンジング

敏感肌というのは、本当に厄介なものです。どのような製品が原因で肌が赤くなったり、炎症を起こしたり(あるいはその両方)するかはわからないのです。どのようなスキンケア成分が問題を引き起こしているのか、わかる場合もあれば、単なる推測の域を出ない場合もあります。この記事では、敏感肌の人が知っておくべきスキンケア方法と、肌がいつも健やかで良い状態を保てるようなスキンケア方法をご紹介します。

ウドエッセンスリキッドクレンジング 販売店

スキンケアのヒントに入る前に、「私は敏感肌なのでしょうか?という質問に対して、次のようにお答えします。
洗顔後、すぐに肌に違和感を感じたり、つっぱったりしませんか?
発疹や赤みがよく出ますか?
短時間でも日光に当たると、肌がすぐに焼けてしまいますか?
化粧品に含まれるほとんどの人工化学物質に肌が反応したり、不快に感じたりしていませんか?
しわや小じわが気になりますか?
お肌がかゆくなったり、カサカサになったりしませんか?
これらの質問のほとんどにあなたの答えが「はい」なら、あなたの肌は最もおそらく敏感なタイプです。
では、どのような実践をすれば、敏感肌のケアに取り組むことができるのか見てみましょう。

オイルクレンジングを試す
オイルクレンジングという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、自分には合わないと感じている方に、今お伝えしたいのは、敏感肌の方は試してみることを検討すべきだということです。従来のクレンジング剤のほとんどは、敏感肌にとって刺激になる可能性があります。それらは、その肌が自然に持っている油まで奪うので、肌の乾燥につながります。また、これらのクレンジングは通常、pHが4~5程度と低いため、肌に刺激を与え、ニキビやかぶれを引き起こす可能性があります。

これは、ホホバオイルなどの天然オイルをベースとしたオイルクレンジングを使用することで避けることができます。オイルクレンザーは、肌の自然なオイルを取り除くことなく、基礎化粧品やあらゆる肌の汚れを取り除くのに役立ちます。

有害紫外線から肌を守る
あなたの敏感な肌を紫外線から保護する必要があります。これは、曇りの日もあなたの肌に害を与えるので、晴れた日や曇りの日に関係なく対策することが必要なのです。毎日のスキンケアに日焼け止めを取り入れることで、これを行うことができます。これを望まない場合は、SPFを追加した保湿剤を使用しても良いです。

クレンジングの回数を減らす
ほとんどの人は、クレンジングのしすぎに気が付きません。クレンジングのしすぎは、特に従来の洗顔料を使用している場合、pHバランスを崩し、刺激、乾燥、赤みの原因になることがあります。だから、夜だけクレンジングすることにして、朝はぬるま湯だけで水ぶきするようにすれば、あなたの肌がどれほど改善するのかを見て驚くかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です