自毛植毛はとっておきの一手

自毛植毛というのが一般的に言って根付き始めたのは1990年代以降のことです。
一般的に言うと、AGAというのは、テストステロンといった男性ホルモンというのが5α還元酵素という酵素によって変換されたDHT(ジヒドロテストステロン)という物質によって引き起こされます。しかしながら、後頭部とか側頭部の髪の毛というのは、このDHTの影響を受けづらいことが明確になっているのです。ひたいの薄毛がそれなりに進行したとしても、後頭部とか側頭部の髪の毛の場合は、もとの状態で生え続けているというのはそういう理由からになります。この後頭部とか側頭部の若々しくて元気な髪の毛を毛包ごと厚みがなくなってきたスポットに移植した場合、移植された毛包はDHTの影響を受けにくいことが理由で、髪の毛はもともとの性質の状態で死ぬまできちんとした成長スパイラルを繰り返します。このことが自毛植毛のメカニックスになります。「エネルギッシュな髪の毛が、ありのままで他の場所で生え続けるだけ」というような、それはそれはシンプルな治療ですので、保安性も高く手術をした後にいつもと違うメンテナンスを行う必要もありません。
男の人である以上、ただの一度でもAGAを発症してしまった場合は、ナチュラルにその進行がストップされることはありません。前頭部とか頭頂部に髪の毛が少ない状態が広がっていき、全体を通してボリュームもなくなっていくというわけです。

しかしながら、自毛植毛によって移植した髪の毛というのは、もともとの性質の状態で生え続けることが理由で、AGAが進行してもコシのある若々しくて元気な髪の毛を維持できます。

移植本数とか移植箇所というのを、コントロールすることによって、もとの髪の毛と馴染ませつつも、生え際を良化したり、厚さがなくなってきたスポットをボリュームアップして自由気ままなヘアスタイリングを堪能するということも可能なので、ウソ偽りなく薄毛改善のとっておきの一手といえるだろうと思います。

TOMクリニック モニター価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です