浮気をしたシタ夫から離婚の申し立てを裁判所にできるか?

離婚の原因を作った浮気をした張本人のシタ夫のほうから妻に離婚の申し立てはできるのでしょうか?
例えば浮気をしたシタ夫が浮気相手と結婚したいために、現妻と離婚したいと考えるのもよくある話です。
そもそも離婚原因を作ったシタ夫(有責配偶者)からの離婚性k美優を裁判所は認めません。
そんなあまりに身勝手な請求は一般社会常識から外れていますからね。
なんの責任もない妻が離婚を拒否しているにもかかわらず、離婚下人を作ったほうからの離婚請求を認めたら裁判所も不公平になります。
ですから離婚裁判瘀過程で原告が離婚原因を作った油石配偶者ならば、その離婚請求は棄却されます。
しかし、これには例外もあります。
裁判所も夫婦関係が回復される見込みがまったくない夫婦に置いて、戸籍だけの関係などを矯正するのはかえって不自然と考えるからです。
そんな夫婦を「破綻夫婦」といいます。
夫婦関係が完全い破綻している夫婦に対しては裁判所も離婚を認めてもいいのではないか?
そんな流れになってきているのです。
離婚成立の優先順位をどちらに責任があるか?というよりも現状を優先mンしようというのです。

ただし、それには厳しい審議が待ち構えています。
離婚の原因を作った張本人のほうから「もう夫婦関係が破綻しているのだから離婚を求める」といわれても、こっちは離婚したくないのですから了承なんてできません。
ですから裁判所も、離婚の原因を作った有責配偶者のほうからの離婚請求には一定の条件を付けています。
それは
1,別居期間が長い
2,未成熟の子供はいない
3.相手が過酷な状況に置かれてはいない
などです。
もちろん、これらがあるからといって必ずしも有責配偶者のほうからの離婚請求が認められるわけではありません。
離婚裁判の審議においては、離婚請求で訴えられた側に責任がないという点は重要視されます。
裁判所が離婚を認めるかどうかの判断だけではなく、慰謝料や財産分与などを決める際にも、有責配偶者が離婚請求した場合にはかなり不利な立場になることは否めません。
うわきとふりんの違い